VPN

2022年にNetflixで使えるおすすめVPN5つを厳選

Netflixは190ヵ国以上の国で配信されていますが、それぞれの国によって配信作品が異なります。

通常は住んでいる国以外の配信作品は見られませんが、VPNを使用すれば住んでいる国を飛び越えて、世界中に向けて配信されている映画やドラマが視聴可能です。

本来は国内に配信されていないコンテンツも、VPNをうまく利用してNetflixを最大限に楽しみましょう。

NetflixでVPNを使用する利点とは?

スマホのVPN

VPNとは「Virtual Private Network」の略称で簡単にいうと、回線を仮想的に構築する技術です。

海外と日本とでは配信される作品が違うため、VPNによって居住国を別の国と見せかけることで視聴できる作品数が増やせます。

通常、日本では5000〜6000程度のタイトルしか配信されていませんが、Netflixが世界で配信しているタイトルは13,500以上にもなります。

NetflixでVPNを使うメリット
  • 日本にから海外の作品をみる
  • 海外から日本の作品をみる
  • 通信が暗号化されるためセキュリティーが高い

配信される作品は海外向けになっており、メニューや作品タイトルはその国の言語で表示されていますが、音声や字幕は日本のものに変更できるタイトルも多いです。

VPNを使って見られる作品はその時々によって違うため、実際に自分の目で確認するのが確実です。

世界各国で配信作品を紹介しているサイトもありますが、最新のものでないときもあるので注意しましょう。

公共の場所で使えるフリーWi-Fiは、通信内容の盗聴・のぞき見の危険性がありますが、これらもVPNを使うことで回避できます。外出先のカフェなどでよくフリーWi-Fiに繋ぐ方にもおすすめです。

またNetflixの他にもAmazonプライムビデオやHuluなど、VPNは世界配信しているの他の動画配信サービスにも使えるため、1つ契約しておくと安心です。

Netflix使用するVPNを選ぶ時のポイント

テレビに移すVPN

NetflixがVPNを検出する記述は年々向上しており、VPNを利用するにはそれを上回るプロバイダーを見つけなければいけません。

Netflixのブロックされる原因や避ける方法については、こちらの記事でよりくわしく解説しています。

VPNでNetflixが見れないのはブロックをされたのが原因? NetflixでVPNを使っていると「ブロック解除機能またはプロキシを使用しているようです」と表示されたり、「オリジナル作品しか見れな...

NetflixでVPNを使うには検出を避けなければなりません。それらの点を踏まえて、Netflixで使用するVPNを選ぶ時のポイント

  1. 料金と決済方法
  2. サーバーの応答速度
  3. カスタマーサポート
  4. サーバーロケーションの数

を紹介します。

料金と決済方法

VPNは国を跨いでの通信を行うため、決済先が海外になることもあります。そのため、コンビニ支払いや銀行振り込みではなく、

  • クレジットカード
  • PayPal
  • 仮想通貨
  • Google Pay・Apple Pay

などのキャッシュレス決済が必須になります。海外からの支払いにも対応しているプロバイダーを選びましょう。

いくつかのVPNには無料で使えるものがあり、無料で気軽に契約できるかもしれませんが、下のような欠点もつきものです。

無料VPNの欠点
  • 運営元が不明でトラブルの際に保証されない
  • サポートが受けられない
  • セキュリティが弱い
  • サーバー数が少ない

ネットに繋いで個人情報のやりとりをするなら運営が安心できる会社に任せるようにしましょう。

サーバーの応答速度

Netflixでは下のように推奨されるインターネット接続速度が決められています。

画質速度
最低画質0.5 Mbps
普通画質1.5 Mbps
SD画質3.0 Mbps
HD画質5.0 Mbps
4K/UHD25.0 Mbps

VPNを使用する場合、遠回りしてからNetflixのサーバーへとアクセスすることになるため、VPN側のサーバー応答速度も重要になってきます。

サーバーの弱いVPNだとプツプツ切れてしまったり、画質が荒くなってしまうので、必要最低限スピードは確保しましょう。

日本国内での通信環境も影響するため、自宅のWi-Fiなどの回線も確認しましょう。

カスタマーサポート

海外からNetflixにアクセスするVPNのホームページは、英語などの言語で表記されているので、慣れていない方には登録だけでも一苦労です。

しかしいくつかのVPNは日本語にも対応しており、カスタマーサポートも受け付けています。まともなVPNであればカスタマーサポートは基本で付いており、もしサポートが付いていないVPNであれば危険性が高いと判断してもいいでしょう。

Netflix側からIPアドレスをブロックされたことを報告すれば、対処してくれるVPNプロバイダーも存在します。

サーバーロケーションの数

NetflixがVPNのIPアドレスを規制し、プロバイダーが新しいIPアドレスを用意する「ブロック解除戦争」には終わりがなく、常にいたちごっこでです。

この規制を回避するには、できる限り

  • サーバー数
  • ロケーション数(対応国)

が多いVPNを選ぶのが望ましいです。

つまり、VPNのサーバーの場所が多いほど、IPが分散でき検出される可能性も低くなるということです。

このような大規模なVPN回線を用意するのは簡単ではないため、サーバーロケーション数を確保したいのであれば、大手のプロバイダーを使うのがおすすめです。

Netflixで利用できるおすすめのVPN5つ

ここからはNetflix対策で利用できるおすすめのVPNを厳選して紹介します。

またここで紹介しているのは、契約すればiphone(ios)、Androidなどのデバイスでも使用できるVPNです。

またサーバーの平均速度は、5Gbps接続を使用し、1日の異なる時間帯の異なるロケーションでテストされたものです。

ExpressVPN

express

ExpressVPNは古くから人気のあるVPNで日本語の対応も文句なし。初めての方に向けたQ&Aも用意されておりサポート体制は万全です。

スマホなどのデバイスはもちろん、PlayStationなどのゲーム端末や、Amazon Fire TV Stickなどのスマートテレビでも使用でき、拡張性も◎。

サーバー数も94カ国、3,000台以上と申し分ありません。暗号化にはクラス最高のAES 256ビットを採用しており、セキュリティもトップレベルです。

ただ料金がすこし割高なところや稀に接続が切れてしまう点がデメリットとして挙げられます。

\30日間返金保証付き/

ExpressVPNは、24時間のライブチャットサポートや30日間返金保証にも対応しているので、初めての方でも安心です。

料金1ヶ月約8ドル〜
支払い方法クレジットカード、paypal、
ビットコイン、その他
平均速度133 Mbps
日本語対応
サーバー数94カ国、3,000台以上

NordVPN

nordvpn

NordVPNは高速なサーバーを備えながらも、圧倒的な安さと安定を実現したVPNです。バッファリングなしのストリーミングのため、遅延を心配する必要もありません。

1つのアカウントで最大6台のデバイスを同時に接続できるため、家族や友達との使用にもおすすめです。

さらに一人ひとりに専用の固定IPが振り分けられるため、Netflixのブロックを回避するのにもうってつけです。

Netflixだけでなく、

  • Hulu
  • BBC iPlayer
  • ABC iView
  • Amazonプライム

などの動画配信サービスにも対応。

繰り返し発生するかどうかはわかりませんが、Appleデバイスでのアップグレードでエラーが起こりやすいという声も聞こえてくるため注意が必要です。

\30日間返金保証付き/

料金1ヶ月395円〜
支払い方法クレジットカード、paypal、
ビットコイン、その他
平均速度368Mbps
日本語対応
サーバー数60カ国、5,200台以上

SurfsharkVPN

surfshark

ほとんどのVPNプロバイダーが、接続できるデバイス数を5〜10までに制限しているなか、SurfsharkVPNはスマホからパソコンまで無制限に利用できます。

Trusted Reviews Awardsでの受賞や、ドイツのセキュリティソフト評価機関である「AV-TEST」からの評価も高く、信頼性もあります。NordVPNやExpressVPNほど知名度はありませんが、知る人ぞ知る優秀なVPNです。

デメリットとしては、セキュリティー性能は十分ですが、カスタマーサポートがやや頼りない点が挙げられます。

\30日間返金保証付き/

料金1ヶ月290円〜
支払い方法クレジットカード、PayPal、
Google Pay、Amazon Pay、
暗号通貨
平均速度323Mbps
日本語対応
サーバー数65カ国、3,200 台以上

Private Internet Access

Private Internet Access

Private Internet Access(通称PIA)の特徴はなんといってもサーバーロケーションの膨大さです。78か国の12,400台以上のサーバーで専用IPアドレスを備えており、規制の厳しいNetflixのブロックをくぐり抜けるには最適です。

帯域幅が無制限で好きなだけデータのやり取りができる点も動画配信サービスに適している理由の一つです。

長期間プランで契約した場合のひと月の料金もかなり安く、1つのアカウントで最大10台のデバイスで使用できます。

作成者がソースコードを無償で公開している「オープンソースソフトウェア」で、透明性も高いです。

通信速度は遅くはありませんが、早くもないというのが懸念点といえます。

\30日間返金保証付き/

料金1ヶ月209円〜
支払い方法クレジットカード、PayPal、
Google Pay、Amazon Pay、
暗号通貨
平均速度190〜300Mbps
日本語対応
サーバー数78カ国、12,400台以上

CyberGhostVPN

cyberghost

お化けのキャラクターが目印のCyberGhostVPNは、3800万人以上のユーザーから愛されているVPNで、15年の実績があります。

ほとんどのVPNは、経由する国ごとのリストを選択できるだけですが、CyberGhostVPNは目的によって使うサーバーを選択できます。

そのリストには、「ストリーミング専用のサーバー」も用意されているため、Netflixにより最適化されたVPNとして非常におすすめです。

そして、Netflixのブロックを回避を助けてくれるプライベート専用IPもとうぜん用意されています。

中国やアラブ首長国連邦からは動作しないためご注意ください。

無料のブラウザ拡張機能がありますが、4カ所からしか接続できずセキュリティも高くないため、ストリーミングには向いていません。

\45日間返金保証付き/

料金1ヶ月250円〜
支払い方法クレジットカード、PayPal、
ビットコイン
平均速度547Mbps
日本語対応
サーバー数91カ国、7,500台以上

NetflixにおすすめのVPNの比較まとめ

ここまで紹介した情報が多いため、「どのVPNがどんな人におすすめなのか」を改めて確認しましょう。

  • 安心安全のサポート対応ならExpressVPN。
  • 通信速度と安定さならNordVPN。
  • 技術力の高さならSurfsharkVPN。
  • Netflixのブラックリストを回避したいならPrivate Internet Access。
  • 使いやすさを求めるならCyberGhostVPN。

どのVPNもNetflixで海外コンテンツを視聴するのに使えますが、望んでいる内容によっても選ぶべきVPNサービスは異なります。

返金保証がついているVPNがほとんどなので、短期間だけ契約して実際に試してみるのがおすすめです。